平成の流行「ギャルミラー」が令和でバズる理由 LOVEBOATのミラーにふたたび注目が集まる

拡大
縮小
平成のギャルブランドとして人気を博した当時のLOVE BOATのミラー(写真:筆者提供)

ここ数年、1990年代に人気だったブランドのリバイバル商品が続々登場している。平成のギャルブランドとして人気を博したアパレルブランド『LOVE BOAT(ラブ・ボート)』のミラーも、今年に入り、株式会社イーカムグループからリバイバル商品が出たことで、各メディアやSNSで話題になった。

LOVE BOATのミラーと聞くと、平成の時代に「ギャル」でなかったとしても、このアイテムがはやっていたことを、なんとなく覚えている読者もいるかもしれない。

LOVE BOATは、1982年12月創業のララ・プラン(現・倒産)が展開していたブランドだ。1994年6月には「LOVE BOAT」1号店を、ファッションビルの『SHIBUYA109』に出店。若者の間では「ラブボ」の愛称で親しまれ、へそ出しTシャツやミニスカートなど、ギャル文化を牽引してきた。

だが2008年のリーマン・ショックの影響などで資金調達が困難となり、運営元のララ・プランは人員削減を開始。さらにファストファッションの台頭など、市場環境の悪化から売り上げも急減した。ララ・プランは自主再建を断念し、LOVE BOATは惜しまれつつも、2014年8月にいったん20年の幕を閉じた。

ほかのギャルブランドの中でも特殊

LOVE BOATの1号店があった『SHIBUYA109』は、1996年に女子高生にターゲットを絞り込んだ全面的なリニューアルを図った。その改装効果もあり、『me Jane(ミージェーン)』や『ALBA ROSA(アルバローザ)』といった、ギャルブランドが人気を博すようになった。

しかし、上記のギャルブランドの中でもLOVE BOATに関しては、少し特殊なはやり方をしたように筆者は思う。ブランドそのものも大人気だったが、LOVE BOATを振り返ると、なぜかブランドよりもロゴ入りのミラーの印象のほうが強いのだ。

平成のギャルブランドの中でもme Jane、ALBA ROSAがハイビスカスなどの、「柄」で人気を博したブランドなら、LOVE BOATは「ロゴ」を徹底的に生かしきって成功したブランドなのではないだろうか。LOVE BOATのミラーといっても特殊なデザイン性があるものではなく、シンプルなロゴ入りのミラーだ。

次ページほかのブランドとどう差別化?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT