新型クラウンの出ばなをくじいた出荷遅れの正体 トヨタから「品質確認」通知、EVリコール影響か

印刷
A
A
新型クラウンの発表会でプレゼンをするトヨタ自動車の豊田章男社長
新型クラウンの発表会ではトヨタとクラウンの歴史を振り返る壮大なプレゼンが披露された(撮影:尾形文繁)

新型「クラウン」はトヨタ自動車が誇るプレミアムカーだ。トヨタは7月15日、そのクラウンを全面刷新し、国内専用車から発展させグローバルモデルとして販売することを華々しく発表した。

週刊東洋経済 2022年8/6号[雑誌](独走トヨタ 迫る試練)
『週刊東洋経済 2022年8月6日号(独走トヨタ 迫る試練)』(東洋経済新報社)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

豊田章男社長は「日本の底力が詰まっている新型クラウンで、私たちはもう一度、世界に挑戦する」と宣言。トヨタが刻む「新たなストーリー」にワールドプレミア(発表)会場は熱気に包まれた。

クラウンは旗艦セダンであるものの、近年はレクサスとの競合や高級ミニバン「アルファード」の人気もあり、年間販売が約2万台にまで落ち込んでいる。ピークだった1990年の10分の1の規模だ。

16代目となる新型ではセダンだけでなくSUV(スポーツ用多目的車)などの4つの車形をそろえ、アメリカや中国、中近東など40の国と地域で販売する。シリーズ第1弾となる「クロスオーバー」にはトヨタの国内販売会社から高い期待が寄せられていた。

発表間際の受注延期決定

ところが、直前で「出ばなをくじかれる事態」が起きた(トヨタ系販社社長)。

新型クラウンは当初ワールドプレミアに合わせて受注開始の予定だったが、突如延期が決まったのだ。全国の販社に通知があったのはイベント開催まで11日となった7月4日。「新型クラウン7/6出荷の延期について」と題した文書が配られた。当初予定していた7月6日の出荷開始を「ラインオフに向けた生産準備上の都合」で見合わせるという連絡だった。

次ページ「品質確認に時間を要する」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT