BDレコーダー、新機能「全録」の実力は? 広がらない「事前予約が不要」の認知

印刷
A
A

全録機種を投入しているのは東芝とパナソニック。東芝のハイエンド機種「レグザ DBR-M490」では、6チャンネルの全番組が17日間連続で自動録画される。同様にパナソニックの「ディーガ BXT970」は、最大10チャンネル分、21日間連続で自動録画される。

メーカー側も「徐々に広がってきている」(パナソニック担当者)と手応えを感じている様子。価格帯は10万円以上の機種が一般的で、本格普及すれば価格押し上げ効果も見込める。

全録のシェアはまだ1%

全録機種は、ユーザーの視聴スタイルを大きく変える。従来は見たい番組を事前予約するスタイルだったが、全録機種では世間で話題になった番組を後で振り返ったり、気になる番組だけをまとめて視聴できたりする。

ただ、全録機種の販売台数は、市場全体のまだ1%程度とされる。ビックカメラ有楽町店によれば「お客様に十分認知されているとはいえず、本格普及に至っていない」。

放送された中から、好きな番組をいつでも見られるというのは、昔から見れば夢のような話である。

だがスマートフォンの普及で、いつでもインターネットとつながる状況下では、その魅力の訴求も一筋縄ではいかないようだ。そこで、スマホ経由の視聴機能など、メーカー側は新機能を続々投入している。

BDレコーダーにどう振り向かせるか。各社の悩みは、底は打ったが反発しきれない値動きに表れている。

(「週刊東洋経済」2015年2月21日号<16日発売>「価格を読む」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT