家族で文京区から小田原に移住した女性のリアル 便利さと自然に囲まれた環境両方を手に入れた

印刷
A
A
望月幸美さんと夫のレムコ・アバーソンさん、ヤンネ結ちゃん。近郊移住で自然豊かな暮らしを手に入れた(写真:AERA dot.)
この記事の画像を見る(5枚)

都心の郊外に住まいを移す「100キロ圏内移住」は、コロナ禍でとりわけ注目を集める移住スタイル。「理想の移住」を叶えた3組目は、便利さと自然に囲まれた環境の両方を手に入れた望月幸美さん一家だ。夫のレムコ・アバーソンさん、娘のヤンネ結ちゃんの3人で、海も山も窓から一望できる家に暮らす。都内から小田原市に移住してきたのは2020年10月のことだ。

移住を考え始めたきっかけは「新型コロナ」

移住を考え始めたきっかけは、新型コロナウイルス感染症の拡大で、望月さんの自宅勤務が続くようになったこと。当時の自宅は東京・文京区の2LDKの賃貸マンションで、都内では静かでいい場所だと気に入っていた。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

でも、自宅にいる時間が長くなるにつれ、手狭に感じるようになっていった。1歳をすぎたヤンネ結ちゃんも活発に動き回るようになったが、子どもを連れて遊びに行くにも、公園までは歩いて30分。アウトドアを楽しもうと思っても、郊外まで行くのに電車で2時間かかる環境だった。

「子どもが外でたくさん遊べる場所があるといいなというのも、移住を決めたもうひとつの理由です」

アバーソンさんはもともと自宅で仕事をしていたが、都内の会社に勤務していた望月さんにとっては、毎日通勤する必要がなくなったとはいえ、都内へのアクセスの良さも大切な条件だった。

次ページはじめは東京都と埼玉県の間にしようかと
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT