日立がHDD事業を米ウェスタン・デジタルに3500億円で売却、狙いは社会インフラ系事業の強化


 HGSTは昨年11月、米国市場での株式上場準備に入ったことが発表されていたが、今回、事業拡大をもくろむWDが好条件を示したことで、全株売却と相成ったわけだ。売却によって得られる資金は、当然のことながら、「社会イノベーション事業」と日立が呼ぶ、社会インフラ系事業の強化に投じられることになる。

今回のHGST売却による日立製作所の業績への影響としては、HGSTが連結対象から完全に外れることから、売上高で約5000億円、営業利益で約500億円が目減り要因となる(HGSTの10年度業績は、売上高5268億円、営業利益572億円)。有価証券報告書によれば、HGSTの簿価(建物、設備、土地など)は1471億円。HGST株の簿価は非開示であるため不明だが、巨額の株式売却益が発生する見通しだ。

「東洋経済オンライン」の下記の今・来期予想は売却の影響を織り込んでいない。

(長谷川高宏 撮影:尾形文繁=東洋経済オンライン)

◆日立製作所の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


《東洋経済・最新業績予想》
(百万円)    売 上  営業利益 経常利益  当期利益
◎本2010.03  8,968,546 202,159 63,580 -106,961
◎本2011.03予 9,300,000 445,000 435,000 240,000
◎本2012.03予 9,600,000 470,000 440,000 235,000
◎中2010.09  4,502,451 218,048 263,808 158,049
◎中2011.09予 4,650,000 220,000 200,000 120,000
-----------------------------------------------------------
         1株益¥ 1株配¥
◎本2010.03  -29.2 0 
◎本2011.03予 53.1 8-10記
◎本2012.03予 52.0 6-10 
◎中2010.09  35.0 5記
◎中2011.09予 26.6 3-5 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT