遂に発表「新型クラウン」超サプライズの第1弾 スポーツSUV登場にエステートの復活も発表!

✎ 1〜 ✎ 97 ✎ 98 ✎ 99 ✎ 最新
印刷
A
A
手前がクラウン・ファミリーの第1弾として発売される「クロスオーバー」(写真:三木宏章)
この記事の画像を見る(112枚)

次期クラウンはSUVになる――。

そんな噂が流れて世間がざわついたのは、2021年初頭のこと。その正体は、中国向け「クラウン・クルーガー」だったのが、その後も「次のクラウンはクロスオーバーになるらしい」という噂は、絶えず自動車雑誌や自動車メディアをにぎわせた。

そして7月6日、トヨタは「7月15日に新型『クラウン』を世界初披露する」と発表。ついに、その日を迎え16代目クラウンが発表された。しかも、「クラウン・ファミリー」として。

豊田章男社長によってアンヴェールされると、カッパー、レッド、グレー、イエローとカラフルな4台の新型クラウンが現れた。しかし、そのどれとして“同じ形”ではなかったのだ。

左からクロスオーバー、スポーツ、セダン、エステート(写真:三木宏章)

カッパーの車が、これまで噂されてきた“クラウンのクロスオーバー”そのもので、名前もそのまま「クロスオーバー」となる。他の3台は、「スポーツ」「セダン」「エステート」で、そのどれもが予想されていなかったサプライズだ。

トヨタでは「クラウンの『革新と挑戦』のDNAを受け継ぎつつ、お客様の多様な価値観やライフスタイルに寄り添う、4つのバリエーションを持った新時代のフラッグシップ」と位置づける。これら4つの新型クラウンは、今後1年半をかけて順次、発売されていくという。

全車が「4駆のハイブリッド」に

第1弾として発売されるのがクロスオーバーで、「今秋発売予定」と発表された。クロスオーバースタイルのボディのサイズは全長4930mm×全幅1840mm×全高1540mmで、21インチという大径ホイールが存在感を放つ。

ボンネットとルーフがブラック仕上げとなる「バイカラー」は実際に選択できる仕様で、これまでのクラウンにはなかったイエロー系カラーの「プレシャスレイ」とも組み合わされる。

TNGAにより刷新されたプラットフォームに搭載されるパワートレインは2種類のハイブリッドで、どちらも電気式4WDとなる。新型クラウンは“全車4駆”なのだ。

次ページ新開発「デュアルブーストハイブリッドシステム」
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT