山﨑賢人「キングダム」主演でたどり着いた新境地 伝えたい「命をたぎらせ、生きろ。」の言葉

印刷
A
A
主演映画の公開前にインタビューに応じた山﨑賢人(撮影:長田慶)

「生きていくうえで大切なことが全て詰まっている物語です」

山﨑賢人は、キングダムの魅力を一言で表現し、その理由を語った。

「どの世代にも、それぞれの環境で戦いがあり、その中でみんな生きていると思う。仲間や誰かの思いを背負っていく、身体を張って魅せてくれた先輩の生き様を無駄にしない、今の自分の考えだけが全てじゃないという、受け止める力など。自分もキングダムで信を演じる中で気づかされて成長できた部分がたくさんありましたね」

『キングダム』は、原泰久による日本の漫画作品。戦乱期の中国で、いちばん身分の低い少年が難敵との死闘を経て将軍への道を駆け上がっていく立身出世の物語。累計発行部数9000万部超えの、日本の漫画史に残る名作だ。

幅広い世代にも愛されており、各界のリーダーが激賞するなど、“乱世を生き抜くために、全てのビジネスパーソン必読書”と紹介されたこともある。

将軍や王といった立ち位置がビジネスでいうところの経営者だとするのなら、檄を飛ばすのはリーダーシップにあたり、軍師と戦略を立てるさまはマネジメントや経営戦略にあたる。部下の育成方法、モチベーションの高め方、ビジョンの共有などを参考にしているビジネスパーソンが多くいる。

実写化不可能と言われた主人公を演じた山﨑賢人

そんな『キングダム』で実写化不可能と言われた主人公の信を演じたのが、俳優の山﨑賢人だった。2019年に公開された作品は、興行収入57.3億円という、2019年の実写邦画No.1となる大ヒットを記録し、観客満足度95.4%の高評価を獲得した。

©原泰久/集英社 ©2022 映画 「キングダム」製作委員会

「それだけたくさんの人に見てもらえて、愛してもらったんだなと思うと、めちゃくちゃ嬉しかったです。見てくれた人も巻き込んで、熱くなって、一緒に進んでいける感覚がある。

改めてすごいパワーのある作品だなと思いました。周りにも『キングダム』が好きな人はたくさんいて、パート2の続編が発表されたときも、「待ってました」っていう反応が多かったです」

前作から3年の時を経て、前作を凌駕するエンターテインメント超大作として、映画『キングダム2 遥かなる大地へ』が7月15日に全国公開される。

次ページ山﨑賢人が実践していた、強く優しく
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT