有料会員限定

北朝鮮が予定している「7回目の核実験」の目的 核開発を急ぐ金正恩総書記の真の狙いとは

印刷
A
A

「主敵は米国」と、核・ミサイル開発を進める北朝鮮の実力は。

2022年3月、新型ICBM「火星17号」試射を視察する金正恩総書記(写真:KNS/KCNA/AFP/アフロ)

特集「自衛隊は日本を守れるか」の他の記事を読む

日本にとって目前の脅威は、何といっても北朝鮮の核・ミサイルだろう。「米帝国主義者の核による脅迫政策に対抗する道」として、核・ミサイルの開発を進める北朝鮮は、すでに核爆弾も保有し、ICBM(大陸間弾道ミサイル)やSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)などの各種ミサイルの開発を急いでいる。

とくに2022年に入り、開発ペースが上がっているようだ。ICBMや巡航ミサイル、多連装ロケット砲など、すでに試験発射は19回に及ぶ。22年3月24日には「火星17号」発射実験に成功した、と官製メディアが報道。「火星15号」に続くICBMの発射となった。ただ、実際に火星17号という新型のものなのか、火星15号の改良型、あるいは15号発射時の写真を17号と言っているのではないかと、その真偽に疑問符を付ける向きもある。

極超音速滑空体の開発も

次ページ7回目の核実験の注目点
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
自衛隊は日本を守れるか
安全保障のキーワードを10分でやさしく解説
核開発を急ぐ金正恩総書記の真の狙いとは
自民党国防族、積極派・消極派の2人を直撃
米中の核戦略が均衡する30年後が正念場
2人の元政府高官よる、対照的な中国抑止論
ICBM格納庫の建設は中国の自信の表れ
「情報を公開して戦う」新しい戦争のやり方
兵站を充実させ「戦える部隊」に今こそ脱皮を
昇任競争の1番手「1選抜」が駆け上がる
ガラパゴス化する装備品ばかりで国防に不安
豪州、トルコ、ポーランド…と各国から注文
意外な組合わせは「ウィンウィン」になる可能性
建て前とは別に、攻撃可能な装備品を開発中
自衛隊の主力装備品、価格と性能を徹底解説
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内