有料会員限定

日本を凌駕、韓国武器輸出「7年で倍増」の成長 豪州、トルコ、ポーランド…と各国から注文

印刷
A
A

自走砲やミサイルなど韓国製の武器を購入する国が増えている。

豪州への輸出が行われた韓国のK9自走砲。すでに800台以上を輸出している(写真:AP/アフロ)

特集「自衛隊は日本を守れるか」の他の記事を読む

2021年の輸出額70億ドル(約9500億円)。韓国の防衛装備品の輸出額がそれまで最高だった14年の36億ドルから倍増したことが、韓国内で驚きを持って受け止められた。

韓国の防衛産業が生み出した装備品は、世界へ広がっている。昨年は、ハンファディフェンス社製造のK9自走砲が豪州に30台、約10億ドルで売れた。K9自走砲は1999年に韓国内で量産が開始されたもの。22年2月にはエジプトにも約200台が、約17億ドルで輸出された。すでにトルコ(01年)やポーランド(14年)、インド(17年)などへ800台超が輸出され、英国やルーマニアも関心を示しているという。

次ページ輸出実績はトップセールスの結果
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
自衛隊は日本を守れるか
安全保障のキーワードを10分でやさしく解説
核開発を急ぐ金正恩総書記の真の狙いとは
自民党国防族、積極派・消極派の2人を直撃
米中の核戦略が均衡する30年後が正念場
2人の元政府高官よる、対照的な中国抑止論
ICBM格納庫の建設は中国の自信の表れ
「情報を公開して戦う」新しい戦争のやり方
兵站を充実させ「戦える部隊」に今こそ脱皮を
昇任競争の1番手「1選抜」が駆け上がる
ガラパゴス化する装備品ばかりで国防に不安
豪州、トルコ、ポーランド…と各国から注文
意外な組合わせは「ウィンウィン」になる可能性
建て前とは別に、攻撃可能な装備品を開発中
自衛隊の主力装備品、価格と性能を徹底解説
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内