有料会員限定

ウクライナが「ハイブリッド戦争」に善戦した理由 「情報を公開して戦う」新しい戦争のやり方

印刷
A
A

ロシアの電撃戦に、ウクライナは西側の企業まで巻き込んで対抗した。

ロシアによる侵攻の直後に自撮りビデオをSNSに投稿して逃亡説を打ち消したゼレンスキー大統領(写真:Ukrainian President's Office/ZUMA Press/アフロ)

特集「自衛隊は日本を守れるか」の他の記事を読む

ロシアのウクライナ侵攻が始まって4カ月半が経過した。短期決戦をもくろんだロシアに抵抗を続けてきたウクライナから、日本の防衛への教訓を探したい。

2014年のクリミア併合当初に比べ、ウクライナのレジリエンス(脅威への耐久性)は格段に上がっている。ゼレンスキー大統領ほかウクライナの指導者が、サイバー攻撃やロシアによる「マスキロフカ(軍事的欺瞞)」への対策を入念に準備していたのが大きい。

クリミア併合では、非正規戦やサイバー攻撃などを複合的に行う「ハイブリッド戦争」の手法が大きな効果を上げた。これに脅威を感じた米国をはじめとするNATO(北大西洋条約機構)諸国は真剣に対処法を考え、その知見がウクライナ側を支えた。

非軍事的主体が戦争に参加

さらに米国の起業家イーロン・マスクが衛星通信サービス・スターリンクの機能をウクライナに提供したように、民間企業による協力も大きかった。また、同じく米マクサーは自社の商用衛星画像の提供を通じて、軍事面でのOSINT(一般公開情報に基づく情報活動)の活用に拍車をかけた。

これらの非軍事的主体が戦争に参加して、戦局に影響を与えるとは、ロシア側は想定していなかったであろう。

次ページ開戦前後に大規模なサイバー攻撃
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
自衛隊は日本を守れるか
安全保障のキーワードを10分でやさしく解説
核開発を急ぐ金正恩総書記の真の狙いとは
自民党国防族、積極派・消極派の2人を直撃
米中の核戦略が均衡する30年後が正念場
2人の元政府高官よる、対照的な中国抑止論
ICBM格納庫の建設は中国の自信の表れ
「情報を公開して戦う」新しい戦争のやり方
兵站を充実させ「戦える部隊」に今こそ脱皮を
昇任競争の1番手「1選抜」が駆け上がる
ガラパゴス化する装備品ばかりで国防に不安
豪州、トルコ、ポーランド…と各国から注文
意外な組合わせは「ウィンウィン」になる可能性
建て前とは別に、攻撃可能な装備品を開発中
自衛隊の主力装備品、価格と性能を徹底解説
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内