そごう・西武売却、「優先交渉権付与」でも残る不安 フォートレスが金額で頭ひとつ抜け出したか

印刷
A
A
フォートレスはヨドバシホールディングスと協議を進めており、西武池袋本店にヨドバシが入居することも検討されている(撮影:今井康一)

「これで一件落着とはならないのではないか」

セブン&アイ・ホールディングス傘下で、百貨店を展開するそごう・西武の売却をめぐって、ソフトバンクグループ傘下のアメリカの投資ファンド、フォートレス・インベストメント・グループの優先交渉権獲得が有力となったことが明らかになった。

だが、このニュースに触れたそごう・西武の幹部は開口一番、冒頭のように語り、「今後、さらなる紆余曲折があるのではないか」と見ている。

提示価格が一番高かったフォートレス

そごう・西武をめぐっては2006年、前身であるミレニアムリテイリングをセブン&アイが2000億円超で子会社化。しかし百貨店業態の地盤沈下も相まって、長きにわたり経営不振が続いていた。

そうした状況下でセブン&アイは、株主であるアメリカの投資会社、バリューアクト・キャピタルからコンビニエンスストア以外の不採算事業の売却を迫られたこともあり、そごう・西武の売却を決断する。

2022年2月末に締め切られた1次入札には、ゴールドマン・サックスをはじめとする外資系投資銀行や投資ファンドなど10グループ以上が応札。その結果、いずれもアメリカの大手投資ファンドであるブラックストーン・グループ、ローンスター、フォートレスのほか、シンガポール政府投資公社(GIC)の計4社が残り、2次入札にはブラックストーンを除く3社が進んだ。

事情に詳しい複数の関係者によれば、3社の提案はざっと次のようなものだった。

もっとも高い金額を提示したのが、優先交渉権獲得が有力となったフォートレス。一部には、「セブン&アイが投資した2000億円を大きく上回り、3000億円を優に超える金額だったのでは」(投資ファンド幹部)との見方もある。

そごう・西武は1500億円程度の有利子負債を抱えているうえ、「(グループ内での負債を合わせると)3000億円程度の負債がもれなくついてくる」(前出の投資ファンド幹部)。それだけに、この提示価格の高さは驚きを持って受け止められた。

次ページGICをそごう・西武は“大歓迎”
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT