山手線で突然「心肺停止」彼女が感じた怪しい予兆 「まさか、もしも」は誰にでも起こる可能性がある

拡大
縮小

私は死にかけた体験で、突然死が私にかかわるたくさんの人たちや、一緒に暮らす猫たちに、多大な影響を与えてしまうと身を持って理解したのです。それまでは、自分はひとりで生きているつもりだったし、何事もない生活がずっと続くと思っていました。でも、「まさか」や「もしも」は、私にもあなたにも起こる可能性があります。

事実、日本では年間約10万人が突然死で命を失っていて、その半数以上が心筋梗塞や狭心症、不整脈などの心臓疾患によるものです(平成29年度・総務省消防庁)。

確実にあった予兆

倒れる前の私は、年一度の健康診断で問題はなく、身内に心臓を患った人もいませんでした。そんな油断で隙だらけの私を「隠れ心臓病」は虎視眈々と狙っていたのかもしれません。ある朝突如現れ、ドカンと息の根を止めたのです。

しかし、振り返れば予兆は確実にありました。2週間前から胸の真ん中あたりに痛みを感じていたのですが、しばしじっとしていると症状は収まったので、安心してしまったのと、心臓は左側にあるという思い込みで「隠れ心臓病」に気がつくことはありませんでした。

私の病名は「冠攣縮性狭心症」。文字どおり、心臓に血液や栄養を送っている冠動脈がけいれんして急に縮み、酸素が心臓に供給されない状態になります。原因は不明で、夜間の睡眠時や明け方の安静時にも起こり、突然死にもつながる恐ろしい病気。しかもけいれんは瞬間的に起こり15分程で収まるため、病院で心電図検査をしても見つかりにくいのが特徴。

「隠れ心臓病」の中でもトップクラスの隠れ上手なのです……。倒れたのがたまたま人目のある山手線内だったので、多くの方々のお力で生き延びることができましたが、いつものように自宅で仕事をしていたら、今ここにはいません。

次ページ医師の見解は…?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT