米EV市場を席巻する韓国現代自と起亜の新モデル テスラのマスク氏も「現代自は好調」とツイート

印刷
A
A

米自動車業界で現在最もホットな電気自動車(EV)は、韓国の自動車メーカー、現代自動車と傘下の起亜自動車の新モデルだ。

両社の新型EV、現代自の「アイオニック5」と起亜の「EV6」は米販売ランキングを駆け上がり、日産自動車の「リーフ」や「シボレー・ボルト」などテスラ車以外の全モデルを追い越した。現代自と起亜の2モデル合計の1ー5月の米販売台数は2万1467台と、米フォード・モーターの「マスタング・マッハE」(1万5718台)も上回った。

テスラの販売台数は依然として現代自と起亜を大きく上回っているものの、両社が数カ月で成し遂げたEV販売台数を実現するのに10年かかった。テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)も感心しており、「現代自はかなり好調だ」とツイートした。

原題:

Hyundai Quietly Climbs the EV Sales Charts and Elon Musk Notices (1)(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Kyle Stock

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT