業績急回復で見えてきたパワービルダー(低価格分譲戸建て会社)の課題

業績急回復で見えてきたパワービルダー(低価格分譲戸建て会社)の課題

郊外の狭小地に3~5棟の分譲戸建て住宅を建設する、パワービルダーの業績が急速に復活している。理由は、価格の安さだけではない。中堅デベロッパーの倒産で都市近郊のマンション供給が激減していることも、その背景にある。

パワービルダーが造る分譲戸建ては30坪程度の土地付き2階建てで2000万~2500万円前後。大手が供給する価格の約半分。銀行融資の基準といわれる「年収の5倍」を当てはめると、購入層は年収500万円前後の1次取得者層が中心だ。多くは30代前半で、それまで賃貸マンションに住んでいた層になる。

パワービルダーの中で目立つのが、一建設(旧飯田建設工業)や同社の飯田一男会長の肝いりで生まれた6社だ。さらに3月15日には7番目の会社、アイディホームがナスダックに上場する。

現在、社長が「飯田一男氏の女婿」(業界関係者)であるアーネストワン以外は、飯田一男氏か同氏の資産管理会社が大株主に顔を出す。しかし、「お互いはライバル同士。仕事上の協力はない」(東栄住宅広報担当)と、熾烈な競争をしている。

一建設とアーネストワンの営業利益水準は注文住宅中心の大手ハウスメーカーを凌駕している(下グラフ)。だが、営業経費や間接費を計上する前の利益である粗利益率を見ると、大手ハウスメーカーのほうがはるかに高い。前期の粗利益率は一建設が15・4%。アーネストワンが18・6%。これに対して大手ハウスメーカーのミサワホームは22・4%、三井ホームは23・9%という具合だ。

これはパワービルダーが土地を先行購入して家を建てているためだ。が、その分、独自の経営ノウハウを持っている。それは「土地を高く買っても、建物部分を安く造ることでカバーする」(岡田慶太アーネストワン管理本部長)というものだ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。