「恋愛対象」を選り分ける脳の冷徹なカラクリ

勝ち負けは一瞬で決まる!

実験の中身はこうだ。恋をして幸せいっぱいの男女に好きな人の写真を見せ、脳がどのように活動するのかを計測する。すると、のどの渇きや空腹などを感じるときに活性化する「腹側被蓋野」(ふくそくひがいや)という部位が強く反応する。

腹側被蓋野は、爬虫類脳ともいわれる原始的な脳の一部だ。フィッシャー博士は言う。

「恋愛は、感情というより、抑えきれない脳の衝動。つまり人間は、本能的に恋をしている」

恋愛は麻薬と同じ?

そして恋に落ちると、強く反応した腹側被蓋野から、快楽を与える物質「ドーパミン」が分泌される。ドーパミンは天然の興奮剤。これが脳内を駆け巡り、集中力や高揚感、やる気を起こさせ、人間の力になっているという。

さらに驚くのは、欲望をつかさどるこの腹側被蓋野は、コカインなどの麻薬を摂取した時にも強く反応して、ドーパミンを分泌させる場所なのだという。だから人間は、激しい恋に落ちると、その快楽に溺れてしまうことがあるのかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。