「恋愛対象」を選り分ける脳の冷徹なカラクリ

勝ち負けは一瞬で決まる!

実験の中身はこうだ。恋をして幸せいっぱいの男女に好きな人の写真を見せ、脳がどのように活動するのかを計測する。すると、のどの渇きや空腹などを感じるときに活性化する「腹側被蓋野」(ふくそくひがいや)という部位が強く反応する。

腹側被蓋野は、爬虫類脳ともいわれる原始的な脳の一部だ。フィッシャー博士は言う。

「恋愛は、感情というより、抑えきれない脳の衝動。つまり人間は、本能的に恋をしている」

恋愛は麻薬と同じ?

そして恋に落ちると、強く反応した腹側被蓋野から、快楽を与える物質「ドーパミン」が分泌される。ドーパミンは天然の興奮剤。これが脳内を駆け巡り、集中力や高揚感、やる気を起こさせ、人間の力になっているという。

さらに驚くのは、欲望をつかさどるこの腹側被蓋野は、コカインなどの麻薬を摂取した時にも強く反応して、ドーパミンを分泌させる場所なのだという。だから人間は、激しい恋に落ちると、その快楽に溺れてしまうことがあるのかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT