総選挙(衆院選)をいつ行えばよいと思いますか?--東洋経済1000人意識調査

総選挙(衆院選)をいつ行えばよいと思いますか?--東洋経済1000人意識調査

民主党内外で、予算と引き替えに菅内閣の総辞職がささやかれる中、国会では2011年度予算案の衆院通過を巡る与野党攻防がヤマ場を迎えている。一方、政権支持率の低下や、マニフェストと政策の乖離から、野党は解散・総選挙を求めている。それに対し、岡田幹事長が児童手当の事実上の復活を容認する発言をするなど、解散回避、菅内閣存続にあらゆる手を尽くしている。

そんな状況下、総選挙をいつ行えばよいか聞いた。調査によると6割以上が今年、来年の総選挙を望んでいる。具体的には、「予算案成立後の今年春」が最も多かった。「すぐに行う」を含めた年内実施派は5割強にも上った。

■年齢・性別・地域別クロス集計

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の20歳以上の男女1000人、割付方法:性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間::2011年1月28~31日
※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる。
【調査協力】 マクロミル

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。