ひろゆきが竹中平蔵に聞く経済学者としての実績 「元来の専門は設備投資」、アメリカで受けた衝撃

拡大
縮小

竹中:アメリカに行く前まで、私は組織人だったわけです。でもそれ以降、やっぱり大学にいたい、研究者でいたいと強く思った。帰国後また何年かしたら、今度はハーバードのほうから「日本経済論を教えてくれ」という申し出がありました。それで再びアメリカに渡ったわけですが、2度の渡米を通していろいろなことを勉強できた気がします。

ひろゆき:そうでしたか。

竹中:最初にアメリカに行った30歳くらいのとき、「これはスーパースターになる」っていう研究者がハーバード、MIT(マサチューセッツ工科大学)に3人いたんです。それがジェフリー・サックス、ローレンス・サマーズ、ポール・クルーグマン。みな博士号を取ったばかりくらいだけれど、いろいろな論文を書いていたから、名前は知っていた。そういう人と直に接して、話ができたのがすごく刺激的でした。

アメリカで終身雇用が保証された教授の存在

ひろゆき:博士号取ったばっかりって、「ポスドク」みたいなポジションじゃないですか。それで外国の人にも名が知れてるって、かなりレアですよね。

竹中:そうです。だからスーパースターで、天才なんですよ。アメリカには「テニュア」って言葉があります。要するに、終身雇用が保証された教授ですよ。アメリカって本当に競争社会なので、先生が「この若者はひょっとすると自分を追い越すかもしれない」って思うと、ちゃんと教えないんだってね。

ひろゆきと考える 竹中平蔵はなぜ嫌われるのか?
『ひろゆきと考える 竹中平蔵はなぜ嫌われるのか?』(集英社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

ひろゆき:さすがアメリカらしい。

竹中:それほどの競争社会。だから「あなたは終身教授だから安心して若者に指導していいですよ」というので「テニュア」という制度をつくったそうです。日本は就職したら、終身雇用は当たり前じゃないですか。このメカニズムの差はすごいと思った。

さっき名前を出した3人は天才的で、若くしていきなりテニュアを取ります。実際その後、大活躍しました。クルーグマンは2008年にノーベル経済学賞を取ったし、ジェフリー・サックスは『貧困の終焉』で国連に強い影響を与え、ミレニアム開発目標に結実した。そしてサマーズは、財務長官になりました。彼らには学問的業績があるだけでなく、社会のリアルイシューをすごくロジカルに考えて、それをわかりやすく説明している。そういう人材はすごいと思いました。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT