「愛情不足のまま成長した人」過去を語る時の特徴 親との記憶を振り返る際に見られる3つの傾向

印刷
A
A

筆者は長年にわたって、過去に立ち向かうのに役立つ比喩を使ってきた。トラウマが、犬に噛まれるようなものだとすれば、自然な衝動として身を引くのは理解できる。しかし、犬に噛まれた手を引こうとすると、犬はもっと強く歯を食いこませる。

けれども、手を引くかわりに犬の喉に突っこめば、犬は喉を詰まらせてあなたの手を離すので、傷は最小限ですみ、治りやすくなる。トラウマもまったく同じだ。人は当然ながら、苦痛に満ちた記憶がよみがえるのを嫌って、トラウマから遠ざかろうとする。

「過去のことなんだし、変えようのないことについて今さら考えこんでなんになるの?」。

難題は成長のためのチャンス

しかし、これは違う。実際には、物語としての考察を組み合わせて記憶を呼び起こせば、記憶を調整できるかもしれない。自分の人生を理解する過程で未解決のトラウマを癒し、「筋の通った物語」を見つけることで、いっそう強くなれるかもしれない。それを〝トラウマ後の成長〟と呼ぶ人もいる。

生き抜く力をはぐくむ 愛着の子育て
『生き抜く力をはぐくむ 愛着の子育て』(大和書房)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

勇気と、自分の心と親しい人間関係や専門家の力を使って、そのトラウマにまっすぐ向き合うことが、自分自身への贈り物になるだろう。

「あらゆることを人生の師にしよう」。この心強い教えが、どうしても避けられない難題にぶつかったときに役立つ。難題は、成長のためのチャンスでもあるのだから。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT