Uber窮地に?グーグルが配車サービスへ

グーグルはUberの主要株主だったが・・・

 2月3日、米グーグルがハイヤーの配車サービスへの参入を準備している。写真は、グーグルのロゴ、2014年撮影(2015年 ロイター/Dado Ruvic)

[2日 ロイター] - 米グーグル<GOOGL.O>がハイヤーの配車サービスへの参入を準備している。ブルームバーグが、同様のサービスを手掛ける米ウーバー・テクノロジーズの関係者の話として報じた。グーグルはウーバーの主要投資家の1つ。

報道によると、グーグルのデビッド・ドラモンド最高法務責任者(CLO)はこの計画についてウーバーの取締役らに連絡。取締役らはグーグルが現在社内で利用している配車アプリのスクリーンショットを見せられたという。

さらに関係筋は、ウーバーがドラモンド氏に対し、ウーバーの取締役辞任を要請するかどうか検討していることも明らかにしたもようだ。

ウーバーのアプリはグーグルマップを元に開発されている。今回のグーグルの動きで、ウーバーのグーグル依存が危うくなる可能性がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 家族会議のすすめ
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。