Uber窮地に?グーグルが配車サービスへ

グーグルはUberの主要株主だったが・・・

 2月3日、米グーグルがハイヤーの配車サービスへの参入を準備している。写真は、グーグルのロゴ、2014年撮影(2015年 ロイター/Dado Ruvic)

[2日 ロイター] - 米グーグル<GOOGL.O>がハイヤーの配車サービスへの参入を準備している。ブルームバーグが、同様のサービスを手掛ける米ウーバー・テクノロジーズの関係者の話として報じた。グーグルはウーバーの主要投資家の1つ。

報道によると、グーグルのデビッド・ドラモンド最高法務責任者(CLO)はこの計画についてウーバーの取締役らに連絡。取締役らはグーグルが現在社内で利用している配車アプリのスクリーンショットを見せられたという。

さらに関係筋は、ウーバーがドラモンド氏に対し、ウーバーの取締役辞任を要請するかどうか検討していることも明らかにしたもようだ。

ウーバーのアプリはグーグルマップを元に開発されている。今回のグーグルの動きで、ウーバーのグーグル依存が危うくなる可能性がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ドラの視点
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。