Uber窮地に?グーグルが配車サービスへ

グーグルはUberの主要株主だったが・・・

 2月3日、米グーグルがハイヤーの配車サービスへの参入を準備している。写真は、グーグルのロゴ、2014年撮影(2015年 ロイター/Dado Ruvic)

[2日 ロイター] - 米グーグル<GOOGL.O>がハイヤーの配車サービスへの参入を準備している。ブルームバーグが、同様のサービスを手掛ける米ウーバー・テクノロジーズの関係者の話として報じた。グーグルはウーバーの主要投資家の1つ。

報道によると、グーグルのデビッド・ドラモンド最高法務責任者(CLO)はこの計画についてウーバーの取締役らに連絡。取締役らはグーグルが現在社内で利用している配車アプリのスクリーンショットを見せられたという。

さらに関係筋は、ウーバーがドラモンド氏に対し、ウーバーの取締役辞任を要請するかどうか検討していることも明らかにしたもようだ。

ウーバーのアプリはグーグルマップを元に開発されている。今回のグーグルの動きで、ウーバーのグーグル依存が危うくなる可能性がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT