マツダを大復活させた「CX-5」開発物語

2度の経営危機から過去最高益へ

デザインもゼロから発想し、「スポーティー」と「力強さ」の両立を目指した。

中山はこんな例え話をする。「スポーティーを黒、力強さを白とする。混ぜればグレー。これまでは白っぽいグレーと黒っぽいグレーのどちらが良いかを議論していたが、グレーはグレー。黒でも白でもない。今回は白と黒を生かしたままコントラストを出すと決めた。どこを白に、どこを黒にするか。デザイナーの頭の使いどころだった」

基本設計を「これでは両立できない」と白紙にし、試行錯誤を繰り返した。デザインの完成予定日は3~4カ月間遅らせた。その遅れがあったからこそ、CX―5が生まれたのだと言う。

CX―5は最初の年、当初計画の約3倍も売れた。後に続いた「アテンザ」「アクセラ」「デミオ」といったスカイアクティブ搭載車も多くの賞を取り、販売を伸ばした。2月下旬には新しいSUV「CX - 3」、6月ごろには初代発売から25周年を迎えた「ロードスター」の4代目がラインナップに加わる。

新型ロードスターのチーフデザイナーも務めた中山が、誇りに思っていることがある。

通常、新車のデザインは機密漏洩を防ぐため、社内でもギリギリまで明らかにするメンバーを限る。ところが、新型ロードスターのデザインは、生産を開始する1年以上も前に工場の職長らへ示した。実現してほしいことを相談すると、現場から次々とアイデアが出てきた。

「この車を世の中に出したらすごいと思って、みんなが仕事をした。技術者としての生きがいを見つける。それがCX―5の頃から芽生えて、ロードスターで頂点になった」(中山)

結果的に、新型ロードスターの情報は社外に全く漏れなかった。中山は、社員みんながこの車のことを大事に思っている証拠だと思っている。(文中敬称略)

(朝日新聞広島総局・木村和規)

※AERA 2015年2月9日号

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。