マツダを大復活させた「CX-5」開発物語

2度の経営危機から過去最高益へ

開発担当の常務執行役員、藤原清志(54)は言う。

「世界一の車を目指して、開発から生産の現場までが一つのチームになっている。これが一番の元気のもとではないか」

マツダは一つになれる

藤原はスカイアクティブ技術開発をとりまとめた一人だ。

「開発途中で詳細を説明するわけにいかないので、誰も実現を信じてくれなかった。しんどかったですよ。実現できると真剣に信じていたのは、たぶん社内でも3割ぐらいだったのでは」

世間ではトヨタ自動車の「プリウス」など、ハイブリッド車が環境対応車としての地位を固めつつあった。リーマン・ショック後、業績不振に苦しむマツダの“無謀”な取り組みに、社内からも「ハイブリッドをやらなくていいのか」と疑問の声があがった。藤原はバラバラになりかける開発チームを必死につなぎとめた。

だからこそ、スカイアクティブ技術が日の目を見たときの感動が忘れられない。

10年夏、ドイツのベルリン。世界の自動車ジャーナリストらを招き、スカイアクティブ搭載車の試乗会を催した。外観はつぎはぎの過去の車種だが、中には社運をかけた最新技術が詰まっている。

スムーズで力強い加速、意図した通りに走る操縦性、アウトバーンで飛ばしても燃料があまり減らない燃費の良さ……。試乗したジャーナリストの一人は、こう評した。

「こんな感動を覚える車は人生で2度目。最初はBMWのレース用の車だった。この性能を市販車で実現するメーカーが日本にあるとは」

藤原は確信した。

「これでマツダは一つになれる。強くなれる」

次ページネジ以外ほとんどの部品を新たに設計
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。