後藤さん殺害受け、官邸前で静かなデモ

<動画>「武力はいらない」などと主張

音量にご注意ください

2月1日、首相官邸前に200人ほどの人々が集まった。手には、「哀しみと抗議の官邸前サイレント行動」「武力はいらない」「敵を作らない外交こそが日本人を守る」などと書かれた用紙を持った人々の集団で、後藤健二さん殺害のニュースを受けて集結した。

25歳の社会福祉事業家である菱山菜穂子さんは次のように言う。

(動画00分09秒~)「なくならせるためには、私たちは戦争とかそういうテロを生み出すもの、あらゆるものを排除していかなければならないと思うので、武力で平和は作れない、という言葉のもと、私たちは平和的な運動、平和を求める運動を、これから強めていかなければいけないと思っています」

定年退職者のスナガタカオさんは次のように言った。

(動画00分45秒~)「戦争を止めることこそ、悲惨な戦争を起こした日本がそこに入っていかないことこそ、今必要なのではないかと思って、2人の人たちの気持ちもこめて、平和を訴えたいということで、ひとことでもそれを訴えたいということで、ここに来ました」

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT