東ソーが死守した素材、電気自動車向けに開花


 「LMOは今の正極材の中で、最も安全」とは、ある正極材メーカー幹部の見解。結晶構造が強いので、十分に充電された状態でさらに電荷を蓄えようとする過充電の際に、発火する危険性が最も低いという。

数年前に、ノートパソコンのバッテリーに起因する発火事故が相次いだが、そうしたリチウムイオン電池には結晶構造が弱い正極材が使われていたようだ。

LMOの構造を強固にする原料が電解二酸化マンガン。つまり、EVの生命線である安全性を確保するうえで、不可欠な素材なのだ。

もともとは乾電池向け 日本メーカー2社が撤退

東ソーが電解二酸化マンガン事業を始めたのは1938年。もともとは乾電池向けの素材で、電気自動車用として注目を集めるようになったのは最近のことである。

現在、グループ企業を通じて日本の日向工場(宮崎県)とギリシャで電解二酸化マンガンを年5・9万トン生産。EV向け需要が急速に増えており、「増産は時間の問題」(電池材料部の畠山尚志部長)だ。

参入障壁は高い。電解二酸化マンガンは、アフリカや南米などで採れる天然のマンガン鉱石から精製するが、その過程で大量の鉱滓(こうさい)と呼ばれるくずが出る。日本では産業廃棄物に指定されており、専用の処分場が必要だ。東ソーは東京ドーム1杯分の処分場を確保。今の生産規模で50年分の埋設が可能だ。今後、日本企業が参入するとは考えにくく、世界を見渡してみても、主な企業は南アフリカのデルタ、米国のトロノックスなど10社程度しかない。

今でこそ脚光を浴びるものの、電解二酸化マンガン事業の道のりは平坦ではなかった。「撤退の危機もあった」と宇田川憲一社長は明かす。

かつて日本では、東ソーのほかに三井金属鉱業と日本重化学工業も電解二酸化マンガンを供給していたが、2000年に転機が訪れた。2000年を迎えるとコンピュータが誤作動する可能性があるとされた「2000年問題」に備え、非常用電源向け乾電池需要が急増。乾電池メーカーとともに、電解二酸化マンガンメーカーも大増産に走ったのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT