ワタミの不安な航海図、カリスマ創業者なき後どうなるのか


 今3月期のワタミは連続営業増益と業績好調で、介護事業が祖業の外食事業の営業利益に迫る見込み。テレビのコメンテーターとして、レギュラー番組を4本抱える渡邉氏だが、経営手腕だけでなく、同社の知名度向上に果たした功績を考えれば、トップから外れる影響は甚大だろう。

渡邉氏はワタミで新しく就く役職について、都知事選後の出処進退を明言していない。“残された”社員は創業者の築いた蓄積を承継し、発展させられるか。ワタミは難しい局面を迎える。

◆ワタミの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(二階堂遼馬 撮影:大澤 誠 =週刊東洋経済2011年2月26日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT