菅政権はどれくらい続くと思いますか?--東洋経済1000人意識調査

菅政権はどれくらい続くと思いますか?--東洋経済1000人意識調査

菅首相は国会での審議で、民主党内にも広がり始めた退陣論、内閣総辞職を否定し、また衆院解散・総選挙についてもその考えのないことを改めて示し、政権維持への強い意欲を表した。社会保障と税の一体改革についても、そのために政権を預かったという歴史的使命を感じて頑張り抜きたいと強調、予算についても、国民のために早期成立を訴えた。

そんな状況下、「菅政権はどれくらい続くと思いますか」を尋ねたところ(調査は1月末)、最も多かったのが「今年4月の統一地方選後ぐらい」で、3割を占めた。「今年2~4月」「今年夏ごろ」を含めると、6割が夏までの退陣を予想している。菅内閣も短命に終わるのか。



■性別・年代・地域別のクロス集計

■最も実現を期待する政策[+クリックで表を拡大]

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の20歳以上の男女1000人、割付方法:性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間::2011年1月28~31日
※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる。
【調査協力】 マクロミル

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT