税理士が「自分の父の相続」をやって実感した困難 不良債権化した「裏山」の売却には5年かかった

印刷
A
A

そこでまず、「税理士の意見」として、

「自宅の裏山が、不良資産になっている」

「うちは、現預金よりも土地のほうが多いから、資産の組み換えをしたほうがいい」

ことを指摘しました。

裏山を売却するまでの道のり

活用していない不動産を売却して現金化する、不動産を売却した資金で賃貸物件を購入するなど、高い収益を生むように転換すること。

自宅の裏山は、約1ヘクタール(1ヘクタールは、100m×100mの広さ)。収益性はなく、固定資産税だけがかかっていた状態です。「ほったらかし」にはできないため、草刈りもしなければなりません。1ヘクタールの山林を維持管理するのは、時間とお金がかかります。

相続専門の税理士、父の相続を担当する
『相続専門の税理士、父の相続を担当する』(あさ出版)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

利用価値があるのなら、保有することにも意義はあります。ですが、ただ持っているだけでは資産ではなく、負債です。利用価値がなくても評価額はつくため、裏山を相続するときに相続税が課せられます。父も当然、

「裏山には、農地や宅地としての利用価値はない」

「この裏山の相続には、相続税がかかる」

ことは理解していたはずです。しかし父はこの土地を残すことにこだわりました。父がこの土地にこだわったのは、

「代々受け継いできたものを、自分の代で手放すことはできない」

「売ってしまったら、土地を残すことができない」

という心情的、感情的な理由からでした。

父の気持ちの整理をしなければ、裏山の整理をすることはできません。折を見ながら父に根気強く、説明を続けていきました。

結果、父が「裏山を整理すること」に納得するまでに3年を要しました。裏山を整理するまでさらに2年、結局、裏山の売却には、「約5年」の歳月が必要でした。

何も収益を生まない土地でもこれだけ時間がかかるのです。普段からお客様に対して、相続・相続税対策を早くはじめる必要性をご説明していますが、自分の父の相続で、そのことをあらためて実感しました。

次ページ【漫画ページ】「相続対策の秘訣があります」
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT