Facebook、障害はシステム変更が原因

第三者の関与はなかった模様

 1月27日、フェイスブックが一時的に接続不能となった問題で、同社は社内のネットワークにおける障害が原因だと説明し、ハッカー集団による関与を否定した。写真はフェイスブックのロゴ。米カリフォルニア州で2013年1月撮影(2015年 ロイター/Robert Galbraith)

[フランクフルト 27日 ロイター] - フェイスブック<FB.O>や写真共有サービスのインスタグラムなどのサイトが27日、一時的に接続不能となった問題で、フェイスブックは社内のソフトウエアネットワークにおける障害が原因だと説明し、ハッカー集団による関与を否定した。

この問題については「Lizard Squad」と名乗るハッカー集団がツイッターで関与を表明しているが、フェイスブックは声明で「第三者による攻撃が原因ではない。当社がシステム構成を変更した後に障害が発生した」との見方を示した。現在、サービスは完全に復旧しているという。

利用者によると、フェイスブックなど有名ソーシャル・ネットワーキング・サイト(SNS)が0600GMT(日本時間午後3時)ごろから1時間以上、多くの国々で接続不能となった。これらのアクセス障害は他の主要サイトに飛び火し、通信が遅くなるなどの現象が発生したという。

「Lizard Squad」はソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)やマイクロソフト<MSFT.O>に対するサイバー攻撃への関与を示唆しているハッカー集団。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。