グーグル、「スペースX」への出資で合意間近?

米技術情報誌インフォメーションが報じる

 1月19日、米技術情報誌インフォメーションは、グーグルが米ロケットメーカー、スペースⅩへの大型出資で合意間近だと伝えた。写真はスペースXのマスクCEO。カリフォルニア州カリフォルニア州で昨年5月撮影(2015年 ロイター/MARIO ANZUONI)

[19日 ロイター] - 米技術情報誌インフォメーション(電子版)は19日、グーグル<GOOGL.O>が米ロケットメーカー、スペースXへの大型出資で合意間近だと伝えた。出資は、人工衛星の開発支援が目的という。

同誌は両社の交渉に近い複数の関係筋の話を引用し、スペースXの企業価値を100億ドル超と評価することにグーグルが同意したと報道。他の投資家の分も含めた出資額は非常に巨額になるとしている。

同誌によると、両社の交渉は最終段階にある。

*見出しの文字を修正しました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT