グーグル、「スペースX」への出資で合意間近?

米技術情報誌インフォメーションが報じる

 1月19日、米技術情報誌インフォメーションは、グーグルが米ロケットメーカー、スペースⅩへの大型出資で合意間近だと伝えた。写真はスペースXのマスクCEO。カリフォルニア州カリフォルニア州で昨年5月撮影(2015年 ロイター/MARIO ANZUONI)

[19日 ロイター] - 米技術情報誌インフォメーション(電子版)は19日、グーグル<GOOGL.O>が米ロケットメーカー、スペースXへの大型出資で合意間近だと伝えた。出資は、人工衛星の開発支援が目的という。

同誌は両社の交渉に近い複数の関係筋の話を引用し、スペースXの企業価値を100億ドル超と評価することにグーグルが同意したと報道。他の投資家の分も含めた出資額は非常に巨額になるとしている。

同誌によると、両社の交渉は最終段階にある。

*見出しの文字を修正しました。

人気記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。