グーグル、「スペースX」への出資で合意間近?

米技術情報誌インフォメーションが報じる

 1月19日、米技術情報誌インフォメーションは、グーグルが米ロケットメーカー、スペースⅩへの大型出資で合意間近だと伝えた。写真はスペースXのマスクCEO。カリフォルニア州カリフォルニア州で昨年5月撮影(2015年 ロイター/MARIO ANZUONI)

[19日 ロイター] - 米技術情報誌インフォメーション(電子版)は19日、グーグル<GOOGL.O>が米ロケットメーカー、スペースXへの大型出資で合意間近だと伝えた。出資は、人工衛星の開発支援が目的という。

同誌は両社の交渉に近い複数の関係筋の話を引用し、スペースXの企業価値を100億ドル超と評価することにグーグルが同意したと報道。他の投資家の分も含めた出資額は非常に巨額になるとしている。

同誌によると、両社の交渉は最終段階にある。

*見出しの文字を修正しました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ドラの視点
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。