「中国のZARA」が4年連続赤字で上場廃止の背景 ラ・シャペル、野放図な拡大路線が命取りに

印刷
A
A
拉夏貝爾はファストファッションの世界的ブランド「ZARA(ザラ)」を経営戦略の手本にしていたが、コスト管理はずさんだった(写真は拉夏貝爾のウェブサイトより)

中国のアパレル大手の拉夏貝爾(ラ・シャペル)は4月14日、上海証券取引所から同社のA株(人民元建て株式)の上場廃止を決定する通知書を受け取ったと発表した。

拉夏貝爾は2021年まで4年連続で最終赤字を計上し、A株の上場廃止基準に抵触したためだ。これに先立つ3月30日、同社は上海証券取引所が同社株の上場廃止手続きに入り、3月31日から市場での取引を停止する旨の通知書を受け取ったことを明らかにしていた。

上海証券取引所の規定に基づき、拉夏貝爾のA株は4月22日から上場廃止の整理期間に入り、その満了から5営業日後に正式に上場が廃止される。

なお、拉夏貝爾の2021年の決算報告書によれば、同年の売上高は4億3000万元(約85億円)と前年から76.5%も激減、純損益は8億2100億元(約162億円)の赤字だった。2021年12月末時点の純資産は14億3100万元(約282億円)のマイナスとなり、債務超過に陥っていた。

9000店超の直営店が300店に激減

拉夏貝爾は1998年の創業後、ファストファッション、マルチブランド、全店舗直営などの戦略を掲げて業容を急拡大させた。傘下の代表的ブランドには「ラ・シャペル」「ピュエラ」「キャンディーズ」などがある。同社が経営のベンチマークにしていたのは、ファストファッションの世界的ブランドの「ZARA(ザラ)」だった

同社は2014年10月に香港証券取引所に上場した後、2017年9月には上海証券取引所にも上場を果たした。そして、資本市場から調達した資金の多くを店舗網の拡張に投入。その結果、2012年に3340店だった店舗数はピークの2018年には9269店に急増した。

本記事は「財新」の提供記事です

だが、野放図な拡大路線が経営コストの膨張を招き、拉夏貝爾の純損益は2018年に赤字に転落した。それを機に、同社は一転して不採算店舗の大量閉鎖に乗り出したが、出血を止めることができなかった。2021年末時点で、同社の店舗はわずか300店しか残っていない。

(財新記者:孫嫣然)
※原文の配信は4月15日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT