60歳、SAMさんのダンスが今も「キレッキレ」な理由 40代で気付いた体の衰えを乗り越え今も現役

印刷
A
A
加齢について学び始めたTRFダンサーのSAMさん。年をとることについての自身の考えを語ってくれました(撮影:皆川 聡)
今年1月に60歳を迎えたTRFのSAMさん。彼は「60歳のいまが一番、心も体も自分史上最高」と語る。そんなSAMさんが60歳を目前に出会った「ジェロントロジー(加齢学)」とは、多面的なアプローチで、人間が年をとることについて追究する学問です。
このジェロントロジーでの学びをもとに、自身の健康の秘訣を披露したのが、新刊『いつまでも動ける。』。著書の上梓を受け、SAMさんがインタビューに答えてくれました。

――今年の1月に60歳を迎えられたとのことですが、心境はいかがでしょうか?

実は、自分が還暦になったということに、まったくピンと来ていなくて。年齢としては、60歳になったのですが、自分が若い頃に想像していた60歳ではないんです。もっと「おじいちゃん」で、体もあまり動かなくなっていると思っていたんですよね。

だから、若い頃はダンス仲間と「俺たちは60歳になっても絶対に踊っていようぜ」とよく話していました。「60歳」というのが、ひとつの目標だったんですよね。

でも、すごく簡単にクリアできました。なので、このまま元気でいられれば、「70歳になっても踊っている」というのもクリアできるんじゃないかなと思っています。そのくらい自分の年齢にピンと来ていないんです。

47歳で初めて感じた体の衰え

――書籍に「初めて加齢による変化を感じたのは47歳」とありましたが、そこから60歳までの間、なぜそんなに健康的でいられたのか、秘訣を教えていただけますか。

ダンスをしているので、自分の筋肉や瞬発力に対して、とても敏感です。それで、47歳のとき、今までできていたダンスの動きに、キレがなくなったというのをすごく感じて。40代の頃に、トレーニングを少しなまけていたことも影響していたかもしれません。そこから危機感を覚えて、若い頃のようなトレーニングに戻しました。

次ページ年をとって生活習慣が変わった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT