百ます計算の陰山先生が「早期教育」に反対する訳 「失敗が怖い子ども」を育ててしまう可能性も

印刷
A
A
「いつから子どもに勉強を始めさせたらいいのか」早期教育について隂山先生にうかがいました(写真:mits/PIXTA)
「いつから子どもに勉強を始めさせたらいいのか」「読み聞かせはしたほうがいいのか」「ゲームをやめさせたい」など子どもの教育にまつわる悩みを持つ親も多いはず。そんな疑問を、『小1の不安「これだけ!」やれば大丈夫です』の著者であり、「百ます計算」など子どもの基礎学力の向上に取り組む隂山英男さんにぶつけてみました。本稿は同書を一部を抜粋し、再編集しています。
(前回:『読み聞かせしてるから「国語は大丈夫」の大誤解』

早期教育は百害あって一利なし!

――昨今、お受験の低年齢化が進んでいるようですが、やはり3歳くらいから早期教育をしたほうがよいのでしょうか?

隂山英男先生(以下、隂山):勉強の話になると、決まって早期教育の話題が出ます。「できるだけ早く勉強をはじめたほうがいいのではないか」「英語、音楽、プログラミング、どんどんいろいろなものをやらせたほうがいいのではないか」などです。

結論から言うと、僕は早期教育には反対です。百害あって一利なし。勉強は、出前や徒競走とは違いますから。

僕は各地で「陰山式スコーラ」という学習塾をやっていて、京都の教室には年長さんも通っていますが、それだって小学校入学の半年前くらいからで十分です。授業は1コマ50分ですから、50分座っていられるくらい成長していて、ある程度理解力も必要。そうなってくると、やっぱり幼稚園・保育園の年長さんの後半くらいが現実的ですよね。

それに、親が子どもに「いろいろやらせる」と「やらせないと何もできない人間になる」可能性もあります。子どもは面倒を見れば見るほど、自立が遠のいてしまいます。心配症のお母さんほど手をかけてしまうのですが、面倒を見ないと生きていけない人間に育てている自覚があまりないんですね。

次ページ子どもの興味関心に沿って応援することが大切
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT