あなたの会社やあなたの身の回りで、今年の景気はどうなりそうですか?--東洋経済1000人意識調査

あなたの会社やあなたの身の回りで、今年の景気はどうなりそうですか?--東洋経済1000人意識調査

やっと始まった衆院予算委員会では、マニフェストの見直しや与謝野氏の経済財政相への起用、小沢一郎元代表の国会招致問題に加え、予算委員長の解任騒ぎなど、相変わらず予算審議の手前で議論がストップしている。そんな中、会社や身の回りで、今年の景気はどうなりそうか聞いた。

2011年は昨年よりも経済成長が見込まれている。マクロ景気と身の回りの景気とは、往々にして違うが、身の回りの景気については4割が「昨年並み」と答えた。「昨年よりよくなる」は2割に満たず、心理的には慎重な見方が強い。

■年齢・性別・地域別クロス集計

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査
調査対象:全国の20歳以上の男女1000人
割付方法:性・年代(10歳刻み)人口動態割付
調査期間::2011年1月7~9日
※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる。
【調査協力】 マクロミル

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT