NYポストのツイッターがハッキング被害

不正確な記事が流れた後に攻撃

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米紙ニューヨーク・ポストの一部ツイッターアカウントが16日、ハッキング被害にあった。

ハッキング前には、連邦準備理事会(FRB)やバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)、中国への米軍事関与に絡む不正確な内容の記事が流れた。

UPI通信が管理するアカウントでも同様のメッセージが流れた。

ニューヨーク・ポストは声明で調査中と説明した。

UPIアカウントのメッセージには、 ローマ法王フランシスコが「第3次世界大戦」開始を表明したとの内容も含まれている。

UPIのコメントは、現時点で得られていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。