NYポストのツイッターがハッキング被害

不正確な記事が流れた後に攻撃

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米紙ニューヨーク・ポストの一部ツイッターアカウントが16日、ハッキング被害にあった。

ハッキング前には、連邦準備理事会(FRB)やバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)、中国への米軍事関与に絡む不正確な内容の記事が流れた。

UPI通信が管理するアカウントでも同様のメッセージが流れた。

ニューヨーク・ポストは声明で調査中と説明した。

UPIアカウントのメッセージには、 ローマ法王フランシスコが「第3次世界大戦」開始を表明したとの内容も含まれている。

UPIのコメントは、現時点で得られていない。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。