NYポストのツイッターがハッキング被害

不正確な記事が流れた後に攻撃

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米紙ニューヨーク・ポストの一部ツイッターアカウントが16日、ハッキング被害にあった。

ハッキング前には、連邦準備理事会(FRB)やバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)、中国への米軍事関与に絡む不正確な内容の記事が流れた。

UPI通信が管理するアカウントでも同様のメッセージが流れた。

ニューヨーク・ポストは声明で調査中と説明した。

UPIアカウントのメッセージには、 ローマ法王フランシスコが「第3次世界大戦」開始を表明したとの内容も含まれている。

UPIのコメントは、現時点で得られていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。