円が1ドル126円台後半へ上昇、20年ぶり円安更新 黒田発言受けてもドル買い・円売り根強く、値戻す

印刷
A
A

東京外国為替市場ではドル・円相場が1ドル=126円台後半へ上昇した。米債利回りの上昇を背景に朝方に約20年ぶり高値を更新。その後、日本銀行の黒田東彦総裁が最近の円安はかなり急速と発言したことを受け、一時下落に転じたが、日米金融政策格差を意識したドル買い・円売りが根強く、値を戻した。米金融引き締め加速観測を背景にドルは円以外の通貨に対しても上昇。

市場関係者の見方

バークレイズ証券の門田真一郎チーフ為替ストラテジスト

  • 黒田総裁は全体として円安はプラスとの評価変えていないとも発言。大枠はまだ変わっていないのかなという気がするが、円安は急激ということで、今までの放任的な発言から少し変わったような印象はある
  • ここからは米金利の動き、あとは来週の日銀の金融政策決定会合に向けての発言などが注目されるだろう
次ページ当局の介入がなければ1ドル=130円の可能性
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT