ロシアと中国、「地政学リスク」の最前線【動画】 ウクライナへの侵攻はロシアの地政学的要求

印刷
A
A

ロシアのウクライナ侵攻に伴って、改めて地政学が注目されています。

ユーラシア大陸の心臓部は「ハートランド」

地政学とは、イギリスの地理学者であり政治家でもあったマッキンダーという人が事実上、開祖したとされています。

海洋国家のイギリスからみると、ヨーロッパの運命はユーラシア大陸内部の勢力が変動することによって左右されるという考えが起点となっています。

『週刊東洋経済』の3月28日(月)発売号では「経済超入門」を特集。ウクライナ危機やインフレなど、激動の世界を読み解くための経済の基本知識を網羅している。

『週刊東洋経済』4月2日号の特集は「経済超入門」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

マッキンダーはユーラシア大陸の心臓部を「ハートランド」と名付けています。ここを制覇しようとする大陸勢力と、これを制止しようとするヨーロッパの沿岸地帯がせめぎ合っていると見ました。

今回のウクライナ侵攻も、ロシアの地政学的行動から読みとることができます。

週刊東洋経済4月2日号の特集「経済超入門2022」より、「ロシアと中国 地政学リスクの最前線」をテーマに東洋経済の福田恵介記者のレポートをもとに動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの中島未麗歌と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:スープアップデザインズ、撮影:今井康一)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT