富士通「幹部3000人希望退職」が映す課題【動画】 ジョブ型雇用や要職立候補制も急ピッチで拡充

印刷
A
A

ITサービス国内首位の富士通が幹部社員の入れ替えを急ピッチで進めています。

過去最高益の計画が一転営業減益に

富士通は本体とグループ会社で募集していた早期退職に主に50歳以上の幹部社員3031人の応募があったと発表しました。

退職金の積み増し分などの費用を計上するため、過去最高益の計画が一転、営業減益となります。

そこまでして大幅なリストラに踏み込む意味はどこにあるのでしょうか。東洋経済の山田泰弘記者のリポートをもとに動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの中島未麗歌と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がポイントをわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:スープアップデザインズ、撮影:今井康一)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT