3月の国内企業物価が前年比9.5%上昇、高水準続く 2月は同9.7%上昇、エネルギーや原材料が高い

印刷
A
A

企業間で取引するモノの価格を示す国内企業物価指数は、3月にエネルギーや原材料価格を中心に前年同月比9.5%上昇(市場予想9.2%上昇)した。前月の9.7%上昇(改定値)からは縮小したものの、高水準の伸びが続いている。前月比では0.8%上昇。日本銀行が12日発表した。

輸入物価指数(円ベース)は前年同月比33.4%上昇となったが、伸び率は4カ月連続で縮小した。

  • 前月比で上昇した主な品目
    • 電力・都市ガス・水道(産業用特別高圧電力、業務用高圧電力、産業用高圧電力)
    • 化学製品(キシレン、ベンゼン、ブタン・ブチレン)
    • 非鉄金属(銅地金、アルミニウム合金・同二次合金地金、金地金)

(詳細とチャートを追加して更新しました)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:伊藤純夫

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT