祖業との訣別を決めたパイオニアの覚悟

小谷進社長に聞く勝ち残りのシナリオ

事業売却の背景には「カーエレクトロニクス事業の急速な環境変化があった」と話した小谷社長
 かつて、山水電気、トリオ(現JVCケンウッド)とともに“オーディオ御三家”と呼ばれたパイオニアは昨年秋、祖業である音響機器事業を手放す決断を下した。音響機器は同業のオンキヨーに売却し、好採算だったクラブで使われるDJ機器事業も米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に約590億円で売却した。
 今後はカーナビゲーションなどの車載機器事業に特化する。2015年はパイオニアにとって、車載機器専業メーカーとしてスタートの年。決断の背景には何があったのか。1つの事業に特化する戦略に勝算はあるのか。小谷進社長に聞いた。

 

――音響機器とDJ機器事業を手放す決断をした理由は何ですか。

カーエレクトロニクス(車載機器)の事業環境の急速な変化が背景にある。2009年にプラズマテレビから撤退し、残った車載機器とホームAV(音響機器)、光ディスク、DJ機器を成長させていこうとした。

ホームAVは大幅な赤字だったが、黒字まであと一歩のところまで改善した。しかし、市場はすでに成熟している。DJ機器も世界シェアが約6割、利益率2割の事業にまで成長したものの、これ以上シェアを伸ばすのは難しい。さらなる成長には、クラブ向けの業務用機器など新たな投資が必要だ。また光ディスクもシャープとの合弁で育てようとしたが、市場自体が収縮してきた。

力を分散していたら勝ち残れない

一方で、カーエレの事業環境がものすごく変化してきた。通信の高速化や大容量化で、今まではカーナビがスタンドアローンとして存在していたが、クルマの中にディスプレイだけあり、情報はすべて外から持ってくる時代に変わってきている。そうなると、競争相手も従来のようなカーナビのハードメーカーだけでなく、通信、ITといった分野の我々の数倍も大きい企業に広がってきている。

 そこで勝ち残るには、力を分散させていてはダメだ。カーエレにリソースを集中させるというのが、今ある選択肢としては最善だと判断した。

――音響機器事業は今年3月にオンキョーに売却するが、パイオニア製品とは価格帯、ラインナップなどで重複する部分が多い。

確かにオンキヨーとは製品でバッティングする部分もある。そのため、まず2社でやることは開発、生産、間接部門の徹底した効率化だ。そしてハイレゾ音源などの新市場にチャレンジすれば、ビジネスとしては十分やっていけると思う。

――祖業の音響機器事業を手放す心境は?

忸怩たる思いだ。プラズマテレビから撤退するときもそうだった。だが、重要なことは、われわれはパイオニアのDNAである「音」へのこだわりは継続させるということ。そのためにオンキヨーにも15%出資し、一定のオーナーシップを持たせていただく。

次ページ敵はスマートフォン?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。