BMW「i360」が切り開く新ジャンルとは?

<動画>スマートカーポートの世界へようこそ

これが新時代のカーポートだ

BMWは電気自動車の充電の新たなビジョンを披露した。同社が将来的に実現を見込むコンセプトは、「太陽光発電と蓄電を兼ね備えたカーポートシステム」。1月8日にラスベガスの家電展示会CESで明らかにした。

BMWは電気自動車の動力供給の近未来を披露するため、ラスベガスに降り注ぐ砂漠の太陽をうまく利用した。

環境にやさしいデザイン

40枚のソーラーパネルと、住宅と車の両方とのコミュニケーション能力を持つ最先端をいく高機能蓄電システムを備えたスマートなデザイン「i360カーポート」が、その近未来システムだ。

展示会場で案内をしているジュリアン・ライニッチ氏によると、このカーポートは、クリーンなエネルギーを供給するとともに、環境にやさしいデザインだと言う。「我々がここで行っていることは、持続性のある交通手段を実現するために意識を高く持ったアプローチです。竹状の構造や、自動車に使用されるカーボンファイバー製の部品や、様々な持続性のある資材を使用しています。ガラス製パネルはとても耐久性のあるモジュールとなっており、非常に効率的で、かつデザイン性も高いです」。

次ページ家の中の電気使用と連携
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。