反抗期の子を絶望させる親の何とも残念な接し方 期待は当然だが無理やり押し付けてはいけない

印刷
A
A

少数派かもしれませんが、親も子とともに命がけで1つの物事に取り組むことで、お子さんの才能が開花し、いい結果を生み出すことはあるでしょう。しかし、親の期待が子の希望に沿っていなかったり、子の個性や才能からかけ離れた期待であったりすれば、次第に子どもはつらくなってくるはずです。

子どもが苦しむのであれば、「期待の押し付け」であると言わざるを得ません。

もっとも、これは極端な例です。

なぜなら「期待の押し付け」は、お子さんのいるご家庭のほとんどで、ありふれた日常のなかに、かなりの頻度で、転がっているものだからです。

つい「早く!」と言ってしまう心理

「早くしなさい!」

と、お子さんを叱ったこと、親ならば一度ならずあるはずです。あと5分で家を出なければ学校の始業時間に間に合わないのに、お子さんがのろのろ身支度していれば、そう言いたくなるのも当然です。気持ちはよくわかります。ボクもタンニンとして言うことがあります(笑)。

もう「反抗期」で悩まない! 親も子どももラクになる“ぬまっち流”思考法
『もう「反抗期」で悩まない! 親も子どももラクになる“ぬまっち流”思考法』(集英社)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

他にも、

「早くお風呂に入りなさい!」

「早く宿題やりなさい!」

「明日も学校なんだから、早く寝なさい!」

なんて言葉をたたみかけてしまうこともありますよね。

もしかしたら似たようなことを、昨日も、今日の朝にも、何ならこの1週間毎日、お子さんに言っていませんか?

それ、まさに「期待の押し付け」です。

「早く身支度できる子になってほしい」

「お風呂の時間がきたら、すぐに入れる子になってほしい」

「自分から宿題ができる子になってほしい」

という、親から子への「期待の押し付け」なのです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT