光通信にも開示違反疑惑が浮上!

京王ズ社内調査で判明した密約の存在

(撮影:尾形文繁)

光通信の上場子会社「京王ズホールディングス」が、3年前に発覚した創業者の会社私物化が原因で上場廃止の危機に瀕している問題で、光通信自身にも“開示違反疑惑”が浮上している。

光通信は昨年5月、TOB(株式公開買付)を実施し、創業者から保有全株式を買い取ってこの会社を子会社化したのだが、その際、創業者との間に投資家には知らされていない「密約」が存在していたことが、1月13日、明らかになったのである。

最終報告書が指摘した密約の存在

創業者による私物化は3年前の2011年夏に発覚、第三者委員会から必要な是正措置の勧告も受けていたのに、これを無視し続け、創業者による私物化が延々と続いた京王ズ。2014年5月に光通信がこの創業者から保有全株を買い取ったことで、ようやく創業者との縁が切れた。

だが、長年第三者委の勧告を無視し続けたツケは大きかった。2012年1月、内部統制に不備があるとして、東京証券取引所が同社を特設市場注意銘柄に指定。同社は過去2度に渡って改善報告書を提出しているが、東証は内部統制が正常化していないとして、指定解除に応じていない。

今年1月19日で指定から丸3年。京王ズは19日以降の出来るだけ早い時期に3度めの報告書を提出し、東証の判断を待つことになるが、今回の報告書をもってしても内部統制が改善していないと東証が判断すれば、京王ズは上場廃止になる。

次ページ役員の銀行口座を使って創業者に多額の資金を提供
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。