強制起訴された小沢一郎氏はどうすべきか??--東洋経済1000人意識調査

強制起訴された小沢一郎氏はどうすべきか??--東洋経済1000人意識調査

国会が始まって早々、菅首相ははやくも苦しい国会運営を強いられている。原因は、菅首相の答弁漏れ、前原外相の「早口棒読み」外交演説などだが、それ以外にも与謝野氏起用について、そして最大の懸案が小沢氏の強制起訴についてだ。

小沢氏は、政治資金規正法違反の罪で強制起訴されたが、それについて聞いた(調査は起訴前)。するとカネの問題には厳しい視線が注がれていることがわかった。どう責任を取るべきか--。「議員辞職すべき」が約6割となった。刑事裁判の行方はともかく、小沢氏とカネをめぐる不信は根強いようだ。

■年齢・性別・地域別クロス集計

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の20歳以上の男女1000人、割付方法:性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間::2011年1月7~9日
※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる。
【調査協力】 マクロミル

関連記事
トピックボードAD
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。