強制起訴された小沢一郎氏はどうすべきか??--東洋経済1000人意識調査

強制起訴された小沢一郎氏はどうすべきか??--東洋経済1000人意識調査

国会が始まって早々、菅首相ははやくも苦しい国会運営を強いられている。原因は、菅首相の答弁漏れ、前原外相の「早口棒読み」外交演説などだが、それ以外にも与謝野氏起用について、そして最大の懸案が小沢氏の強制起訴についてだ。

小沢氏は、政治資金規正法違反の罪で強制起訴されたが、それについて聞いた(調査は起訴前)。するとカネの問題には厳しい視線が注がれていることがわかった。どう責任を取るべきか--。「議員辞職すべき」が約6割となった。刑事裁判の行方はともかく、小沢氏とカネをめぐる不信は根強いようだ。

■年齢・性別・地域別クロス集計

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の20歳以上の男女1000人、割付方法:性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間::2011年1月7~9日
※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる。
【調査協力】 マクロミル

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT