世界の汚いホテルランキング2011、旅行クチコミサイトが集計

世界最大の旅行クチコミサイト、トリップアドバイザーは、「世界の汚いホテルランキング」の2011年版を発表した。アジア、ヨーロッパ、アメリカの3地区ごとに、口コミ投稿者による「清潔感」の評価を集計、評価の低い順に、ワースト10をランキングしている。
 
 アジア地区で堂々の1位に輝いたのがシンガポールの「ゴールドキスト ビーチリゾート」で、シンガポールのホテルは3位にもランクイン。このほかマレーシア、タイから2軒ずつ、インドからは最多の4軒がランクインした。
 
 ランキングは今回で6回目だが今回もまた日本のホテルの入賞はなく、トリップアドバイザーでは「日本のホテルの衛生面でのレベルの高さを証明している」とコメントしている。
 
 ヨーロッパ地区ではトルコの「クラブアクアガンベット」が首位に立ったが、入賞施設数ではオランダとイギリスのホテルが4軒ずつと悪評を二分した。
 
 アメリカ地区は全米各地からくまなくランクイン。1位には、客室数400室、会議施設も備えたテネシー州の大型ホテル「グランドリゾート ホテル&コンベンションセンター」が輝いた。
 
 なお、トリップアドバイザーのサイト(http://www.tripadvisor.jp/DirtyHotels)では、今回ランクインしたホテルと、それに対する口コミや投稿写真を公開している。その内容はさすが世界でもっとも汚いホテルと評されるにふさわしいものとなっている。
(東洋経済オンライン)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT