外様大名40家 「負け組」の処世術 榎本秋著

外様大名40家 「負け組」の処世術 榎本秋著

関ヶ原の戦い以後、徳川幕府に取り立てられた外様大名。彼らは、ささいなことで難癖をつけられては転封や改易の憂き目に遭い、その版図を失っていった。江戸時代終焉までの二百数十年間にわたり辛酸をなめさせられた近世の「負け組」といえる外様大名が、いかに幕府のプレッシャーに耐えながら生き抜いたかが探られている。

米沢藩の上杉鷹山など名君による藩政改革から、つねに鼻毛を伸ばして阿呆(あほう)の油断を誘った加賀藩・前田利常、度重なる政略結婚から女の尻の光で出世し「蛍大名」などと揶揄された丸亀藩・京極高次まで、あの手この手で所領を死守した外様大名の悲喜こもごものエピソードを紹介する。

幻冬舎新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。