原田知世「芸能界に合ってない」のに続けられた訳 一期一会な女優業の裏に「ホッとする場所」

印刷
A
A
デビュー40周年を迎えた今も、ますます輝いている原田知世さんの魅力に迫ります(写真:岸本咲子)
この記事の画像を見る(5枚)
デビュー40周年を迎えた今も、奇跡のような美しさと透明感を保ち続け、ますます魅力的に輝いている原田知世さん。50代になって、これまで以上に日々を楽しみながらシンプルに生きているという、その暮らしぶりの秘密に迫りました。(文/浜野雪江 写真/岸本咲子 ヘアメイク&スタイリング/藤川智美(Figue))

デビュー40周年を迎えて

1982年のデビュー以来、俳優として、歌手として活躍を続け、今年デビュー40周年を迎えた原田知世さん。昨年は、主演映画『あなたの番です 劇場版』が大ヒットし、人気漫画を実写化した主演ドラマ「スナック キズツキ」では、一風変わったスナックのママを好演。大きな注目を集めました。

本記事はLEON.JPの提供記事です

メモリアルイヤーの今年は、先行シングル「ヴァイオレット」(2021)に続き、3月23日にオリジナル・アルバム「fruitful days」をリリース。

穏やかで、柔らかで、なんともいえない温かさを纏う原田さんに、ご自身のこれまでとこれから、そして、俳優と歌手の両方を第一線でやり続ける理由について伺いました。

── デビュー40周年おめでとうございます。率直に言って、この40年は長かったですか? それとも、意外にあっという間でしたか?

原田:長くもあり、短く感じる部分もあります。過ぎてみれば、ああ、もう40年も過ぎてしまったという感じですね。今までの仕事を振り返ると、とても充実した日々だったと思いますが、何か大きな目標を立てながら常にやってきたわけでもなく。ひとつひとつの仕事を大切にやっていくうちに、ご縁が生まれて、気がつけば40年、というのが、感覚的には一番あっているかもしれません。

── 10代で映画をやられた頃は、これが私の一生の仕事、みたいな気持ちはなかったのですか?

原田:もともとオーディションでたまたま受かって、最初は1本だけ映画に出演したら長崎に帰るつもりだったのが、どんどんお仕事の期間が延びていって。それで、高校を卒業する頃、学業をやめて俳優業に一本化すると決めた時に、あ、自分はこの仕事でやっていくのかなって思ったぐらいで。

次ページこのまま続けるのは大変だな…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT