パズドラとマリオ、コラボで狙うメガヒット

両社が持つ強みを生かした連携

左からガンホーの森下一喜社長、任天堂の宮本茂専務、パズドラの山本大介プロデューサー

 「僕は、かつてないくらい今日は緊張しています。人生でこんなに吐き気がするほど緊張することってあるんだな、というくらいです」

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは1月8日、新作発表会を開催した。森下一喜社長が冒頭のコメントともに紹介したのが、自社の「パズル&ドラゴンズ」と任天堂の「スーパーマリオブラザーズ」がコラボレーションした新作タイトル。ニンテンドー3DS用ソフト「パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズエディション」として、4月29日に発売予定だ。

世界中のマリオファンに向けたパズドラ

画像を拡大
『PUZZLE & DRAGONS SUPER MARIO BROS. EDITION』会話画面(マリオ、キノピオ)(C)GungHo Online Entertainment, Inc. (C)Nintendo

人気スマホゲームとしておなじみのパズドラだが、2013年12月にニンテンドー3DS用ソフトとして発売した「パズドラZ」も、累計150万本を販売したヒットタイトルとなっている。

手応えを感じた両社が続編を検討して浮上したのが、今回のマリオとパズドラのコラボだった。

発表会にはマリオの生みの親である任天堂の宮本茂専務も登壇し、「マリオが単なるゲストキャラクターとして出てくるコラボでなく、もっとマリオらしくやりませんか」と提案したエピソードなどを明らかにした。

今回のコラボは、両社にとって相乗効果が見込めそうだ。

スマホゲームのパズドラは世界33カ国・地域で展開し、累計900万回ダウンロード(北米600万、韓国200万、香港・台湾100万)されている。ただし国内の累計3300万ダウンロードという記録的な数字と比べると、もの足りなさは否めない。今回の3DS向けタイトルは任天堂が海外販売を手掛け、宮本専務も「世界中の人に楽しみにしてもらえるものになった」と太鼓判を押す。世界中のマリオファンが、パズドラを手に取るチャンスが期待できそうだ。

次ページあくまでも「キノコ王国」が舞台
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。