パズドラとマリオ、コラボで狙うメガヒット

両社が持つ強みを生かした連携

左からガンホーの森下一喜社長、任天堂の宮本茂専務、パズドラの山本大介プロデューサー

 「僕は、かつてないくらい今日は緊張しています。人生でこんなに吐き気がするほど緊張することってあるんだな、というくらいです」

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは1月8日、新作発表会を開催した。森下一喜社長が冒頭のコメントともに紹介したのが、自社の「パズル&ドラゴンズ」と任天堂の「スーパーマリオブラザーズ」がコラボレーションした新作タイトル。ニンテンドー3DS用ソフト「パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズエディション」として、4月29日に発売予定だ。

世界中のマリオファンに向けたパズドラ

画像を拡大
『PUZZLE & DRAGONS SUPER MARIO BROS. EDITION』会話画面(マリオ、キノピオ)(C)GungHo Online Entertainment, Inc. (C)Nintendo

人気スマホゲームとしておなじみのパズドラだが、2013年12月にニンテンドー3DS用ソフトとして発売した「パズドラZ」も、累計150万本を販売したヒットタイトルとなっている。

手応えを感じた両社が続編を検討して浮上したのが、今回のマリオとパズドラのコラボだった。

発表会にはマリオの生みの親である任天堂の宮本茂専務も登壇し、「マリオが単なるゲストキャラクターとして出てくるコラボでなく、もっとマリオらしくやりませんか」と提案したエピソードなどを明らかにした。

今回のコラボは、両社にとって相乗効果が見込めそうだ。

スマホゲームのパズドラは世界33カ国・地域で展開し、累計900万回ダウンロード(北米600万、韓国200万、香港・台湾100万)されている。ただし国内の累計3300万ダウンロードという記録的な数字と比べると、もの足りなさは否めない。今回の3DS向けタイトルは任天堂が海外販売を手掛け、宮本専務も「世界中の人に楽しみにしてもらえるものになった」と太鼓判を押す。世界中のマリオファンが、パズドラを手に取るチャンスが期待できそうだ。

次ページあくまでも「キノコ王国」が舞台
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT