パズドラとマリオ、コラボで狙うメガヒット

両社が持つ強みを生かした連携

任天堂にとっても、パズドラとマリオのコラボならミリオンヒットが期待できる。2014年に発売された3DS向けゲームはヒットタイトルが豊作で、「妖怪ウォッチ」シリーズをはじめ、「ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア」「モンスターハンター4G」などがミリオンを記録。10月に発売された携帯型ゲーム機「Newニンテンドー3DS」の販売好調を後押しした。

ファミ通の調査によると、年末商戦となる12月単月でニンテンドー3DSは国内で69.3万台を販売している。一方、発売から2年を過ぎた据え置き型ゲーム機「Wii U」は12月単月の国内販売が14.19万台と低迷が続いており、2015年も3DSの勢いを持続させることが重要課題であることは言うまでもない。

「マリオ」の世界観を徹底させたパズドラ

画像を拡大
『PUZZLE & DRAGONS SUPER MARIO BROS. EDITION』パズルバトル画面(C)GungHo Online Entertainment, Inc. (C)Nintendo

任天堂のキャラクターが、他社とコラボすることは珍しいことではない。ただマリオが登場するゲームを、任天堂以外の会社が開発・発売するケースは耳慣れない。任天堂広報に問い合わせたところ、「オリンピック開催年に発売される『マリオ&ソニック』シリーズなどがある」というぐらい。やはり今回のパズドラとマリオという新タッグは、異色に見えてくる。

マリオは任天堂にとって、もっとも重要なキャラクターの1つ。生みの親である宮本専務が、マリオの世界観に対して強いこだわりを持つことは、ゲーム業界では広く知られた話だ。

かつて宮本専務が直接開発にかかわらなかった「マリオパーティ」では、マリオがVサインを決める場面がある。これを見て宮本専務が「マリオはワイルドなキャラクター。親指を立てるならいいが、Vサインは可愛すぎると怒った」(任天堂元社員)との逸話があるほどだ。

ガンホーに許されたのは、「(パズドラのキャラクターである)たまドラをマリオに抱えてもらった」(森下社長)こと。たまドラ以外のパズドラキャラクターは一切登場せず、あくまでもマリオ、ピーチ姫、クッパなどが登場する「キノコ王国」を舞台とした世界観は徹底している。「任天堂さんにもたくさん協力していただいた」(パズドラの山本大介プロデューサー)というように、かなり気を使って開発が進められたようだ。

スマホゲームで圧倒的なブランドを築いたパズドラも、リリースから3年近くが過ぎて頭打ちを迎えつつある。ゲーム業界でもっとも有名なマリオキャラクターとのコラボは、大きなチャンスであることは間違いない。今回のコラボにより、さらに息長く人気を持続することができるか、試される。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。