恐るべしパズドラ。「オワコン」ではなかった!

「3本の矢」で狙うガンホーの頂上戦略

昨年12月のパズドラZ発売イベントでの森下一喜社長。「カズノミクス3本の矢」で成長持続を目指す

本業の稼ぎを示す営業利益が前期比10倍--。スマホゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」を展開するガンホー・オンライン・エンターテイメントは2月3日、2013年12月期の本決算を発表した。連結売上高は1630億円(前期比6.3倍)、営業利益は912億円(同9.9倍)と売上高、利益とも過去最高を更新した。好業績を背景に、1株あたり250円の初配当を実施(1月1日付の株式100分割後だと2.5円に相当)。自己株式の取得も3~4月に30億円を上限に実施するなど株主還元も充実させる。

パズドラが反転増収

いうまでもなく収益拡大を一手に牽引したのは、同社の代名詞であるパズドラだ。2年前(2012年2月)にリリースしたこのオバケゲームは、iOS向け、アンドロイド向けとも国内売り上げ金額ランキングで首位を独走中だ。今年1月時点で国内累計2300万ダウンロードを突破し、海外でも北米や韓国を中心に昨年時点で300万ダウンロードを越えている。月次単体売り上げは季節要因、イベントの有無等で多少影響はするものの、毎月100億円強で安定的に推移している。

 実は3カ月前の昨年10月末、ガンホーに対する評価は揺れていた。前年同期比28倍の営業利益をたたき出した13年1~9月期決算の発表翌日、ガンホー株はストップ安まで売り込まれたのだ。直近の7~9月期売り上げが416億円とその直前の4~6月期売り上げ437億円と比較して減収に。パズドラ開始以後、初の減収だった。パズドラはスマホゲームで先に例のない驚異的な大ヒットタイトルとはいえ、開始から1年半が過ぎいよいよピークアウトしたようにみえた。

次ページ大きくジャンプアップ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT