恐るべしパズドラ。「オワコン」ではなかった!

「3本の矢」で狙うガンホーの頂上戦略

2本目の矢が「新規価値の創造」だ。パズドラの前に存在感はかすみがちだが、同社の他のスマホゲームも好調に推移している。パネルをめくりながら敵を倒していくRPG「ディバインゲート」は累計200万ダウンロードを突破し、アクションパズルRPGの「ケリ姫スイーツ」は同700万ダウンロードを超えた。「ケリ姫」はスマホゲームの国内売り上げランキングでも9位につけている。そして同社が期待する新作が、2月10日にアンドロイド向けで先行配信するスマホのボードゲーム「サモンズボード」だ。「今までにないスタイルのゲームで、配信直前の今もバランス調整にこだわっている」(森下社長)という力の入れようだ。

 そして3本目の矢が「海外展開の強化」。昨年10月に親会社のソフトバンクとともに買収した、フィンランドのスマホゲーム会社「スーパーセル」の活用がその柱となる。「クラッシュオブクランズ」「ヘイデイ」といった人気タイトルを擁する同社は、スマホゲームの売り上げランキングで世界2位(1位はガンホー)。両社での共同マーケティングを本格化するほか、海外支社での新規タイトルの世界同時配信も行なっていく方針だ。

「ガンホーは1番でなきゃダメなんです」

 「ガンホーは2番では駄目なんです。1番でなきゃ駄目なんです」。目下、全世界のスマホゲーム市場で圧倒的な1位となった同社だが、森下社長にはその手綱を緩めるつもりはさらさらない。IT企業の参入などスマホゲーム市場の競争環境の激化に加え、自社の本質を「面白いゲームの開発」と明確に位置づける同社には、「パズドラを創ったガンホーだからこそ、パズドラを超えるゲームを創ることができる。オリジナルしかオリジナルを超えられない」(森下社長)という、強烈な自負心があるためだ。1月の月次単体売り上げは過去最高の165億円と、今期も幸先良いスタートを切った。

 "パズドラバブル"と評されるような一時のブームで終わることなく、同社が引き続きスマホゲーム業界の王者に君臨できるのか否かは、この「3本の矢」の成否にかかっているといえそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。