松屋とくら寿司、まったく異なる「出店の思惑」 コロナ禍で激変した業態ごとの拡大戦略

印刷
A
A

駅前立地か、それとも郊外ロードサードか。コロナ禍に入り、外食チェーンの思惑が激しく交錯している。

海老名に出店した牛丼チェーンの松屋。向かい側には焼肉きんぐの店舗も見える(記者撮影)

特集「外食 復活への分岐点」の他の記事を読む

神奈川県、小田急線の海老名駅を降りて厚木街道を歩くこと約10分。踏切を渡った先に、2021年1月にオープンした食べ放題焼き肉店「焼肉きんぐ」とステーキハウス「ブロンコビリー」が店を構えていた。いずれも郊外ロードサイドを中心に支持を広げ、出店拡大してきた外食チェーンだ。

そんな郊外の雄たちの目の前に、同年7月に牛丼チェーン大手の「松屋」が乗り込んできた。近隣にはマンションも並んでおり、平日の昼間でも客足は途切れない。

これまで松屋は都市部の駅前を中心に出店してきた。ところが、コロナ禍を経てその出店戦略がガラリと変化。足元では郊外ロードサイド店を急速に増やしている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内